あすかるの仮想空間

日常を非日常に。生活は楽しく。

日常という普通から逃げてみる?

昨日、家に帰ってきたら恐怖のあいつがいました。あすかるです。

 

 

と言ってもGではありません。そっちならまだ叫ぶくらいで済む。

 

私は「くも」恐怖症なんです。スパイダーの方ですね。

 

 

字も嫌いなので、あえてひらがな表示です。

 

もし大丈夫な人がいらっしゃいましたら

「アラクノフォビア」

で検索してみてください。

 

私がいかに怖がっているか少しでも伝わると思います…。

 

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが…

前回は音からいつもと違う感覚を得てみようというお話でした。

virtualspace.hatenablog.com

 

こんな話をしたからなのか、周りで音の話をよく耳にしてます。

 

音が聞き取りにくくなってしまった人。

生まれつき高音が聞こえない人。

 

でもだからって音を楽しめないわけではないですからね。

 

 

今回はもっと話題を変えてみようと思います。

 

 

私がなぜこんなことを考えているのか…。

 

 

 

1.「普通」が得意ではない。

 

もはや普通ってなんだろうって思っちゃいます。

 

人に合わせるのが苦手だったり、周りと同じが好きじゃないんですよね。

 

いつからそうなったんだろうなあ…とは思うんですが、

考えてみると意外と昔からそうだったんだろうなって気付きました。

 

 

このブログにもありますが、非日常的なことって

いい意味で普通じゃないんですよね。

 

だからこういう感覚好きなのかなって思ったり、

人よりそれを考えたり感じる時間が長いのかなって…。

 

 

でもどんなことでも普通って大切ですよね…。

 

やっぱりその状態でやっとスタートラインって感じがします。

 

もちろん普通とは違うセンスを持って、それが才能と認められることもあります。

 

そう言われたらいいな、くらいにしか思ってないですが…。笑

 

 

いい意味で目立ちたいですね。あの人は普通じゃないって。

 

 

 

2.実はゲームの影響も大きい。

 

 

小さい頃から父親の影響で、ゲームがとても好きでした。

 

いわゆるRPGが好きで、剣と魔法の世界なんて今でも憧れです。笑

 

 

16歳の誕生日に魔王討伐の旅に出たり、

洞窟で遊んでたら最深部で光の戦士に任命されちゃったり。笑

 

そういうのってすごく楽しそうで、

小さい頃は自分もそうなるもんだと信じていました…。

 

でも私が一番影響を受けた作品はそれらではなかったんです。

 

 

東京のある街が舞台で、日常生活を送る少年。

そしてだんだんと悪魔が出る世界に変貌していく様をテーマにした作品。

(そのうちURLでも載せておきます…)

 

真・女神転生というゲームなのですが、これが大好きなんです。

 

 

細かい話は省きますが、派生作品の真・女神転生if…という作品で

高校生の主人公が学校で寝ていると、突然学校ごと魔界に落ちてしまうんです。

 

 

この展開、憧れませんか。笑

 

これこそ日常から非日常になる瞬間。

 

私がお話ししてきたこととは少し変わってしまいますが、

根本的にはここから影響を受けていると思います。

 

 

…まだまだ中身が子供なのでしょうか。笑

 

 

 

3.あとがき?

 

 

今回は私がなぜブログでこんなことを書いているか、

そして何から影響を受けたかというお話でした。

 

 

普通が苦手で、人と同じが好きじゃない。

好きなゲームの展開が楽しすぎて憧れている。

 

 

ここだけ聞いたら変な人です。笑

(ちゃんと説明しても変。)

 

 

結局、日常に楽しみを求めていて

それを見つける方法が変わっているだけなのかもしれないです。

 

誰だって楽しいことは好きですよね?

 

でもその楽しみって見つけるの簡単じゃないです。

 

だからこそ、みなさんにも私の脳内を少しでも

伝えていけたらって思っています。

 

 

 

今回はこんなまとまりのないお話でした。

 

もはや言いたいだけだったところあります。笑

 

次回はどんな内容になるんでしょう…。

 

 

あっ…0時間に合わなかった…。

 

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

また次回の記事でお会いしましょう。

 

virtualspace.hatenablog.com